個別指導塾地域No1 ブランディング日記

誰が決めるの?@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

今日は「誰が決めるの?」問題の話🤗。

人生って、「決めること」の連続なわけです。

決めなきゃ、前に進めませんからね。

仕事だって、そう。

小さなことを1つ1つ決めて前に進んでいき、最終的には大きな成果を作り出すのが仕事です。

でも、これ、言うのは簡単ですが、実際に「決める」のは難しいようです。

 

そこで、出てくるのが、「誰が決めるの?」問題爆  笑

例えば、個人事業とかで一人で仕事をやられている場合。

決めるのは“自分”ですよね?・・・というか、自分しかいませんよね(笑)。

でも、右へ行けばいいのか、左に行けばいいのか、なかなか決められないわけです。

答えがないからね。

だから、「う~ん・・・どうしよう???」となって、迷って迷って、結局・・・保留なんてことにガーン

それを繰り返すうちに何年も経っちゃって、自分自身が変われないとか、新しいことができないなんてことも、よくあるパターンです。

自分の人生も、自分の仕事も、誰が決めるの???

えっ?誰か決めてくれないかなぁ~だって?

いやいや、決めるのは“あなた”です!ニコニコ

決めることから逃げていても、未来は切り開けませんからね。

 

まあでも、一人でやっている場合は、決める人が明確なので、まだ話は早いわけです。

厄介なのは、チームでやる時。

ん?・・・そりゃあ、チームの場合なら、最終的に決めるのはリーダーでしょ?

ですよね~チュー

でもね、決められないリーダーが一杯います。

もしくは、リーダーが明確じゃない場合もあったりします。

 

実際、こんなパターンも。

何かを決めようと、何人かが集まって、話し合いをしています。

その時、皆が好き勝手に意見を言うわけです。

そう、バラバラの意見をね

さあ、どうする?・・・まとまらないぞえーん

「皆さん、どうしましょう?」

 

しーん・・・。

 

誰も何も言わない…ガーンガーンガーン

皆、意見は言うものの、自分で決めたがらないわけです。

何故なら、そこに責任仕事が発生するからです。

 

また、話し合いの時から、誰も意見を言わないというもっと酷いパターンもありますね(笑)。

何故、意見を言わないの???

やっぱり、そこに責任仕事が発生するからです(笑)。

出たー!「誰が決めるの?」問題爆  笑

 

誰が決めるの???

 

そうです。様々な意見が出てきても、最後は誰かが決めなきゃいけない。

誰も意見を言わなくても、これまた最後は誰かが決めなきゃいけない。

「最後は誰かが決める」・・・その役割を担う人がリーダーです。

よし、これで行きましょう!

ってね。

 

つまり、決められる人がリーダーの資質があるということです。

役職が部長や課長だろうと、決められない人はリーダーではありません。

もちろん、社長もねウインク

 

誰だって、「決める」ということは怖いもの。

そこには間違いなく、責任も仕事も発生するでしょう。

それを承知で“決める”人がリーダーとしてやっていけるのです。

あっ、誰の話も聞かずに独断と偏見で決めるということではないので、あしからずニヤリ

とにかく、人生も仕事も「決める」ということが大事なのです。

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑