個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【5/19(火)】成功しようが失敗しようが挑戦を!@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

先日、大阪府の吉村知事が紹介していた「薩摩の教え」、なかなか心に響く内容ですね照れ

評価されるべき人の順序として、、、


1位 自ら挑戦し、成功した者

2位 自ら挑戦し、失敗した者

3位 自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者

4位 何もしなかった者

5位 何もせず批判だけしている者

 

これをブログにアップして、何かウンチクを語りたいわけではありませんが(笑)、やっぱり失敗を恐れず、様々なことに挑戦したいなぁと改めて思ったわけです。

そして、同時に、何もせずに批判だけしている人間にだけはなりたくないと、強く強く思いましたね爆  笑

 

今、恐らく、多くの塾さんが何かに挑戦されていることでしょう。

例えば、オンラインでの教育サービス。

その塾さん達にとっては、今までやったことがなかった新たな挑戦。(うちの塾にとってもそうです。)

これ、ささやかな挑戦かもしれませんが、こういうことの積み重ねが大事だと思うのです。

実際、うちの塾の現場でも、慣れない中、社員のみんなや講師の先生達が本当に頑張ってくれています。

ついでに言うと、保護者の方々にも生徒の皆にも協力していただいています。

この皆が団結した感じが、何ともいい感じなのです。

そして、やはり新たな可能性も感じますしね。

あっ、別に、全ての塾さんがオンラインによるサービスを絶対にやるべきだと言いたいわけではありませんよ。

ただ、何も無かったかのように、コロナ前の状態に戻ることはもうありませんびっくり。たぶん。

新型コロナウイルスの第二波も、またやってくるでしょう。

いや、しばらくはお付き合いしていかなければならないでしょう。

だから、今、何かに挑戦しておくべきだと思いますねおねがい

 

これ、会社(塾)だけではありません。

今回の非常事態は、各個人の力量を思い知らされる結果にもなりました。

この正解のない世界の中で、どういう人がリーダーシップを発揮するのか、どういう人が責任感のある行動を取るのか、どういう人が活躍するのか、どういう仕事を仕方をすればいのか、それを明らかにしてくれた気がします。

せっかくの機会なので、今一度、自分自身を見つめなおして、自分にどんな力が必要なのかを考えて、何かに挑戦してみてはいかがでしょう。

自分自身が生き残るために(笑)。

 

本日はこのへんで。

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑