個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【10/9(金)】心が苦しいのは成長している証@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

心が苦しいのは成長している証

今日も昔書いたブログのリバイバル(;^ω^)

 

さて、今日は「心が苦しいのは良いことだ」って話。

あっ、失恋した人を励ます話ではないですよ(笑)。

 

早速ですが、こんな話をよく聞きますよね?

成功しない人と、成功する人の違いは…

諦めるか、諦めないかの違いだけ。

これ、間違いありません。

誰だって、最初から上手くいくことなんてないんですからね。

 

例えば、全国の新入社員の皆さん、そろそろ仕事というものが分かって来た時期ですよね?

今、上手くいかなくて悩んでいませんか?

はい、上手くいくわけないんです!

言い方は悪いかもしれませんが、この前まで学生だった皆さんが、今持っている力で通用するほど、どんな仕事も甘くはないわけです。

今の皆さんの大きな武器は…、

明るく元気に取り組める若さ。

スポンジのように何事も吸収してやろうという貪欲さ。

どんどん経験を積んで、いくらでも成長できる可能性のある伸びしろ。

こういったものが、皆さんの魅力です。

これを失ったらダメですよ。

今、皆さんが、仮に「できない自分」に直面していたとしても、悲観する必要は全くありません。

だって、一杯経験して、一杯失敗もして、それでも諦めずに努力し続けることが、一人前になるということですからね。

誰もが通る道です。

自分の可能性を信じて頑張ることこそ、塾の先生としての第一歩ですよ。

頑張りましょうね!

 

それから、新しく何かを任された人。

例えば、部下を持つ管理職になったり、プロジェクトのリーダーになったり、新規事業を任されたりした人などですね。

皆さん、今、苦しくないですか?

はい、苦しいに決まっているんです!

新しいステージに上がっているということは、今までの皆さんの力で簡単にやりこなせるものではないからです。

どんな仕事でも職務でも、未知なるステージというのは、難しいものですからね。

ただ、皆さんは、会社や上司から期待されて、そのステージに上がっているわけです。

つまり、その仕事や職務を全うできる能力があるのです。

実際、会社もバカじゃないので、それを乗り越えられそうにない人間には任せませんからね。

だから、仮に、目の前に失敗があったとしても、それでも諦めずに努力し、工夫し続けることが、一人前のリーダーになるということです。

これも誰もが通る道です。

頑張りましょうね!

 

このように、新入社員の皆さんも、新しいステージに立った皆さんも、なかなか思うようにいかなくて、あった自信もしぼんできて、心が苦しくなっている人もいるのではないでしょうか。

それは良いことなんです!

これは、私が昔からよく言っていることなんですが、「心が苦しい」というのは、成長している証なんですよね。

そう、自分の器(心)がキシキシと音を立てて広がっているからこそ、心が苦しいのです。

これ、間違いありません!

 

楽しく仕事をするのは良いことです。

ただ、仕事をしようと思えば、「今の自分」にはできないことが一杯あって、次から次へと課題が降ってわいてきますよね。

だから、誰でもそれを乗り越える過程では心が苦しくなるものなのです。

でも、それを乗り越えた時、大きな自信が生まれるんですよね。

そして、見える世界が違って、最高に楽しいんですよね。

そんな喜びを経験するためには、諦めずに努力し続けること以外にないわけです。

諦めたら、そこで終わり。

だから、心が苦しい時は…

「おっと!今、自分の器が広がっているぞ!」と前向きに捉え、この痛みを楽しむ余裕を持ってください。

 

「いやいや、そんなこと言われても、楽しめるか!」と反論されそうですが(笑)。

確かに、楽しめるくらいなら、こんなに苦しまないですもんね。

でも…

無理をしてでも、「苦しいってことは、成長している証」だというふうに自分に言い聞かせた方が、頑張れると思いますよ。

あなたなら、きっと大丈夫。

神様は、あなたが乗り越えられない試練は与えません。

さあ、今日も一日元気に頑張りましょう!

本日はこんなところで。

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑