個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【11/20(金)】当たり前のことを当たり前にやらない。@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

当たり前のことを当たり前にやらない。

当たり前”のことを“当たり前”にやることは確かに重要です。

でも、残念ながら、“当たり前”のことを“当たり前”にやっても地域ダントツNo.1にはなりませんガーン

そう、“当たり前”のことをやっても、“当たり前”の生徒数にしかならないですからね。

まあ、“当たり前”ですよね(笑)。

だから、実は、“当たり前”のことを“当たり前”にやらないことが、地域ダントツの個別指導塾を創るポイントだったりします。


あ~しんどかった!!“当たり前”って9回も言ってしまいました。

あっ、今も使ったから10回か…(笑)。


でも、まだまだ頑張りますので、我慢してお読みください。


例えば、

自塾が“当たり前”のことができていない場合は、差し当たり“当たり前”のことを徹底する。←これ、重要ですね!

しかも、近隣の競合他塾も“当たり前”のことができてなければ、この“当たり前”のことを徹底するだけで、そこそこ生徒数は伸びると思います。

でも、やっていることは所詮は“当たり前”のことにしか過ぎません。

だから、“当たり前”のことはできている塾さんで、地域ダントツを目指すなら、“当たり前”じゃないことをやる。

もしくは、“当たり前”のことを“当たり前”じゃないレベルまでやる。

…ということが必要です。

 

そのためには、方法論から考えてはいけません。

方法論から入ってしまうと、どこかで聞いた“当たり前”の動きになってしまうからです。

まずは、ものごとの本質を掴むのです。

そうです。人間が行きたくなる場所とは何なのか?を考えることです🤔。

そうすれば、“当たり前”に捉われない“当たり前”じゃない方法論が生まれます。

ということで、何だかよく分からない意味不明なブログになってしまいましたね(笑)。

 

で、最後に1つ質問です。

「このブログの中に“当たり前”は何回出てきたでしょうか?」

答えは…上記の質問文に出てくるものも入れて、23個。

 

普通は1つのブログの中に、これだけ“当たり前”は出てきませんよね。

ほんと、“当たり前”が夢に出てきて、うなされそうですよね?(笑)

これが“当たり前”ではないということ(*^。^*)。

 

当たり前”でないことは人の印象に残ります。

当たり前”でないことは、良くも悪くも人の心を動かします。

地域ダントツNo.1個別指導塾にするのなら、是非、“当たり前”のことを“当たり前”にしないということを考えてみられることをおススメします。

これで、30個(笑)。

 

では、今日のところは、これでさようなら(^^)/~~~。

 
 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑