個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【1/5(火)】無理をして頑張るのも悪くない。@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

無理をして頑張るのも悪くない。

さて、私、最近・・・昔よりも随分丸くなったとか、優しくなったとか言われたりします。

う~ん・・・自分的には何も変わっていないんだけどなぁ。

 

でも、確かに、昔、同僚だった社員の人達に会うと、不思議なことに、明らかに緊張されることがあります。

おかしな人達です(笑)。
 
私は全然覚えていませんが、その人達は私に「厳しいことを言われた」とか、「凄く怒られた」とかって言うんですよ。
 
ほんと、言いがかり(笑)。
 
まあでも、よくよく考えると、当時はそうだったのかもしれません。
 
会社で責任のある立場を任せてもらって、「敢えて自分がそういうスタンスを取らなければならない」という責任感を持って仕事をしていましたからね。
 
そう、自分なりに無理して頑張っていたのです。
 
 
そして、転職。たぶん、少し優しくなりました(*^。^*)。
 
でも、やっぱり、転職先でも、またまた責任ある立場を任されたこともあり、それなりには厳しかったかもしれません。
 
ここでも、やっぱり、無理して頑張っていたのです。
 
 
その後、独立してからは更に優しくなりました。たぶん(^-^;。
 
しかし、会社の初期メンバーから言わすと、かなり厳しかった(怖かった?!)とのこと。
 
まあ、そりゃあそうですよね。立ち上げだもん。無理して頑張っていたのです。
 
 
これ、私の感覚で言うと、厳しさの度合いは・・・
 
最初の大手個別指導塾時代>転職した大手個別指導塾時代>今の塾を立ち上げた初期>今現在
 
だから、やっぱり、今が一番穏やかに・・・見えるかもしれませんね(笑)。
 
 
ただ、
 
私・・・
 
なーんにも変わってないから!(笑)
 
 
 
もちろん、様々なことを経験していく中で、私も多少なりとも成長はしているはずです。(いや、そう思いたい(笑)。)
 
でもね、根本的には何も変わていません。昔のまま。
 
立場や役割や状況によって、私自身、スタンスを変えているだけです。
 
 
実際、今も昔も、私は叱ったり厳しいことを言うのは好きではありません。
 
だって、嫌われたくないし、恨まれたくないし、皆から好かれたいですもん(笑)。
 
だけど、仕方がないから言う。
 
言わなきゃいけない立場だから言う。
 
言うべき時だから言う。
 
誰も言わないから言う。
 
そんな感じです。
 
しかも、勇気を振り絞ってね。
 
それが私の役割なら、今でもそうします。
 
 
そう、仕事とは自分の役割を全うすることが大事。
 
そのために、無理して頑張る必要があるのなら、無理すればいい。
 
最近は「無理をして頑張ること」がちょっとダサい感じで言われるけど、、、
 
人生の中で無理をして頑張る瞬間(時代)があってもいいんじゃないかと思うわけです。
 
 
はい、本日はこのへんで。
 
 
オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑