個別指導塾地域No1 ブランディング日記

同じ世界を見る@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

このメルマガにも書きましたが、私、年初めには、弊社の新年度方針(テーマ)を発表しています。

今年は「これ」を意識して頑張るぞー!というやつねウインク

しかし、これ、社長だけが思っていても仕方がないわけで、みんなが同じ想いを持たなければ実現しないのです。

そう、組織としてやる限り、社員や講師スタッフなど、そこに関わっている人達が「同じ世界を見ている」ことって凄く大事だと思うわけです。

だから、くどくど方針は語らなければなりません。

大事にしている価値観も、ことあるごとにしつこく説明しなければなりません。

実際、このメルマガだって、私、同じようなことを何度も書いているでしょ?(笑)

まあ、そういうことです爆笑

 

これ、何も方針や価値観など大きなことだけではありません。

方法論だって、そうです。

例えば、「教室運営」。

塾さんによって、この定義はいろいろだと思いますが、社内でバラバラだと上手くいきません。

ここには詳しく書きませんが、やはり、「うちの塾の理想の教室運営はこういう姿だ!」という共通認識が必要なのです。

そして、その理想の姿を目指して、日々工夫をしていく…。

「授業の仕方」だって、そう。

「うちの塾では、こういう授業の仕方が理想だ!」というものを皆が理解してやっていくことが必要。

そうじゃなかったら、全体としての指導レベルが上がっていきません。

「成績アップ」の捉え方一つをとっても、そう。

1点でも点数が上がっていたら、成績(点数)は上がっていると思っている人と、最低でも20点は上がっていないと成績(点数)アップとは言えないと思っている人とでは、見ている世界が違うとも言えます。

そうなると、会話が噛み合わない(笑)。

だから、同じ共通認識を持って、同じ言語を用いてやっていかなければ、強い組織は作れないのです。

これが私の言う「同じ世界を見る」ということ。

 

ということで、、、

今、何となく教室運営がバラバラになっている(もしくは、授業の仕方がバラバラになっている)と感じるなら、、、

まずは、自分の塾の基本を見直して、皆で同じ世界を見ていく作業から再スタートした方がいいですよ照れ

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑