個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【5/26(火)】踏まれ続けた「石」の存在を忘れてはいけない@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

踏まれ続けた「石」の存在を忘れてはいけない

 

昨日のブログは新入社員を含む若手社員へのメッセージ。

今日は、彼ら彼女らを育てる側の人に対するメッセージ。(前に書いたブログのリバイバルですけどね照れ。)

 

さて、最近こんな話をよく聞きます。

「生徒への指導は自信があるんだけど、アルバイト講師や社員に対しては上手くいかないんですよ」って。

う~ん、確かに、人材育成って一番難しいですもんね。

褒めて伸ばした方がいいのか、厳しくした方がいいのか。

やっぱりその両方のバランスが重要なのか。

そういうことよりも、とにかく懇切丁寧に教えることが必要なのか。

まあ、方法論はいろいろですよね。

こればっかりは、本当に正解のない領域です。


でも、この人材育成って、よくよく考えれば、生徒に対する指導も、講師や社員に対する指導も、人を育成するという意味では、根本的には同じはず。

それなのに、何故、生徒には上手くいくのに、アルバイト講師や社員だと上手くいかないんでしょうか?


それは、方法論云々の前に、指導する側の「心持ち」が違うからなんですよね。

恐らく、多くの塾の先生は、生徒に対しては、寛大な心をお持ちだと思います。

子ども達はまだまだ未熟な存在で、できないから塾に来ているんだ。

だから、優しく粘り強く教えてあげなければならない。

こんな感じでしょうか。


一方、アルバイト講師や社員に対してはどうでしょうか?

お金をもらっている立場なんだから、できてもらわなきゃ困る。

仮にできないのなら、自分で勉強するなり、研鑽するなりして、できるようになってよ。

ほんとに、もお~。

さしずめ、そんな思考じゃないでしょうかね。


更に、悪いことに、「自分がアルバイトの時はもっと責任感があった」とか、「自分が新入社員の時は、もっと積極的に仕事に取り組んでいた」とか、「自分がサラリーマン時代はもっと仕事をしていた」とか、やたらと自分と比較して、不満に感じちゃうんですよね。


でも、実は、皆、忘れているんです、昔の自分のことを。

誰でも最初はたいしてできる奴じゃなかったのに、自分の記憶の中では、「元々できる奴」になっているのです。

そう、だいたい昔の記憶って、自分に関しては美化されて残っているんですね(笑)。


まあ、それでも、今、指導する側にいる人は、昔から割とできる人材だったのでしょう。

恐らく、自分自身でいろいろと切り開いてきたという自負もあるでしょう。

だから、今の立場があるわけですからね。


でもね、きっと、あなたに踏まれ続けた「石」の存在がいるのです。

えっ?石?

そう、昨日のブログで書いた「石の上にも三年」。

これは、「つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられる」という意味ですが、、、

私はこれを、

人が一人前になる(何かを成し遂げる)間、石となって踏まれ続けて、じっと耐えてくれた人がいる

という解釈に変換することで、常に自分自身を戒める言葉として大切にしているのです。


事実、今の自分があるのは、自分ができなかった時代に(今もたいしてできるようにはなっていませんが(苦笑)…)、犠牲になった人や支えてくれた人がいたからなんです。


私がこの業界に入った時、謙遜でも何でもなく、本当に「できない奴」で、私の経験不足や指導不足で、救えなかった生徒達が一杯いました。

この子ども達は、ある意味、「できない私」の犠牲になった子達です。

今でも、彼らには申し訳ない気持ちになります。


そして、そんなできない私を見捨てることなく、私の成長を待ってくれた上司や仕事をサポートしてくれた先輩がいました。

つまり、この人たちが私にとっての「石」ですね。

この石の存在があったからこそ、今の私がいるのです。

 

真面目な話、私は「人材育成」には犠牲が付き物だと思っていて。

どんな人であろうと、人が成長する陰には犠牲になっている人が必ずいるのです。

だから、人材育成をしようと思えば、今度はあなた自身がその人の「石」になる覚悟が必要なんですね。

踏まれることにじっと耐えながら、その人に期待をかけて、褒めたり、叱ったり、懇切丁寧に指導したりして、それで、やっと、やっと、やっとこさ、人って育つのかなって気がするんです。

よく分かりませんけど(笑)。

まあ、いずれにしても、自分の下で踏まれ続けてくれた「石」の存在に気づくこともなく、感謝をすることもせず、そして、自分自身が「石」になる覚悟もない人は、人材育成はできないんじゃないでしょうか。

 

本日はこんなところで。

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑