個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【5/27(水)】人材育成で外してはいけないこと@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

人材育成で外してはいけないこと

 

昨日も「人材育成」について書きましたが、今日も少しだけウインク

 

さて、昨日も書いたように、「人の育て方」には正解なんてありません。

方法論もいろいろで、そして、何よりも育てる側の「育てる覚悟」が必要です。

 

ただ、そんな中でも絶対に外してはいけないことがあって、、、

それは、仕事をしてもらうことです。

 

まあ、当たり前ですよね?(笑)

仕事をあまりしていなかったら、仕事で成長するわけはないですからね。

だから、重要な仕事も、難しい仕事も、思い切って仕事を任せることです。

 

えっ?まだその仕事をさせるのは早いって?

それに、最初から仕事を一杯任せたら可哀想だって?

いやいや、仕事を与えない方が可哀想です。

成長する機会を奪っているんだから。

それに、やらせてもいない段階から、その人の実力を低く見積もらないことです。

 

もちろん、極論で書いてますから、その人の現段階の能力や心の余裕を判断した上で、ちゃんと任せる仕事とそうでないを選別する必要はありますよ。

ただ、多くの育てる側が陥りやすいのは、思い切って任せないということ。

辞められるのが怖くて、変に気を遣っちゃっているということ。

 

もちろん、気持ちはよ〜く分かるのですが、、、

「人材育成」の目的は、「辞められないようにすること」ではなく、「大きく成長してもらうこと」です。(当たり前のことですが。)

そうです。だから、どんどん仕事をしてもらって、できることを増やしてもらって、成長してもらうのです。

 

でも、間違ってはいけません。

仕事を一杯与えたはいいけど、失敗体験を与えるのはダメですからね。

成功体験を与えなきゃいけません。

そのためには、上手くいくやり方を徹底的に教えてください。

上手くいくように後ろからサポートしてください。

もしくは、上手くいくように一緒に考えてあげてください。一緒に苦しんであげてください。

また、時には盾となって、守ってあげてください。

そうやって、多くのことをできるようにしてあげることが、人材育成なのです。

そう、甘やかすのは、誰のためにもなりません。

 

では、最後に、肝に銘じてほしいことをもう一度。

部下の仕事も自分の仕事。

大事なのは、部下と一緒に頑張ること。部下と一緒に悩み苦しむこと。

上司たるもの、これが絶対に必要。

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑