個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【2/23(火)】う◯この答案@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

う◯この答案

今日のお題は、「う○こ」の答案。

ご飯を食べている人もいるかもしれないので、文字を伏せていますが、この◯にはいる文字はおか分かりですよね?(笑)

ちょっと汚いですが、我慢して読んでください(*^^*)。

 

これは昔むかしの話です。

うちの社員が内部生の面談をしていた時のことです。

ある生徒の定期テスト答案分析をしようと、解答用紙をみてみると…

何と!!!!!

 

答えのところに…

う〇こ」💩

の3文字が!

 

ちなみに、この生徒、普段は至って真面目な生徒です。

いや~、なかなかやりますね~(笑)。

(でも、ストレスが溜まっていたんでしょうね爆笑。)

 

さて、ここで質問です!

皆様なら、この「う〇こ」の答案を見て、生徒に何て言いますか?

 

(シンキングタイム・・・)

 

 

では、皆様の答えをどうぞ!

 

まあ、いろいろな答えが返ってきていると思いますが…、

「こんなこと書いたらあかんやろ!!!」

なんて、いきなり普通のことを言ってしまうようじゃあ、まだまだ修行が足りませぬ(笑)。

 

世の中にいる多くの「先生」と呼ばれる人達が言うような発言をしている限り、子どもの心は掴めないんですね。

実は、この「心を掴めるかどうか」が、個別指導をする上では大事なのです。

子ども達は、大人たちが言う「常識的な言葉」や「綺麗ごと」にウンザリしています。

「はい、はい、またそんな話ね。」

「はい、はい、分かっていますって。」

って心の中で呟いています。

 

そう、言われなくても分かっているのです。

そんな時に発せられる「一般論」は何の効果もありません。

 

今回の例について、私なら何て言うかはここでは書きませんが、真面目な子が、答案に「う○こ」なんて書いているのは、面談で心を掴むネタとしては、最上級の一品です!(笑)。

さあ、もう一度考えてみてください。

皆様なら、どんな言葉をかけてやりますか?

(是非、気の利いた一声をかけてやってくださいよ(*^▽^*)。)

 

あっ、ちなみに、この面談を担当した社員ですが、気の利いたことを言おうと思った矢先に、お母さんが尋常ではないくらいに怒り出したらしいので、未遂に終わってしまったそうです(笑)。

まあ、そんな時は、面談が終わった後に、慰めてあげてください(^_−)−☆。

 

本日はこのへんで。

 
 
オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑