個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【6/3(木)】脳みそに刷り込む@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

脳みそに刷り込む

私、facebookにこのブログ記事をアップする時、、、

バカの一つ覚えのように、

「今日も一日元気に頑張りましょう!」と書いています。

これ、何故だか分かりますか?

 

はい、自分の脳みそと、他の人の脳みそに「元気に頑張ること」を刷り込んでいるのです。

それは、何事も「元気」でいることが大事だと思っているからですね。

 

例えば、教室の業績が悪いとします。

誰だって、普通は元気が無くなりますよね

で、元気を無くすことで業績が良くなるのなら、とことん元気を無くせばいいと思いますが、実際のところ、そんなことないわけで。

だったら、元気を出してやった方がいいのです。

周りの人にとってもその方がいいでしょ?

そして、そうやって元気を出していくと、心が前向きになっていき、業績も良くなっていくのです。

「そんなわけあるかいな!」と思う人もいるでしょうが、、、

そんなわけあるのです(笑)。

 

以前にも書きましたが、人間の脳みそって本当に凄いんですよね。

例えば、ふら〜と教室に行って、教室長に向かって、「あの講師は凄くいいね」と言ったとします。

もちろん、適当にですよ(笑)。

そうしたら、不思議なことに、その教室長の脳みそに「あの講師はいい」ということがインプットされて、脳みそがその講師の良いところを探そうとするわけですよ。

すると、出てくるわ、出てくるわ、その講師の良いところが(笑)。

だから、教室長もその講師を頼りにして、どんどん育っていく。

その結果、その講師は本当に「良い講師」になってしまうのです。

これ、心理学の実験なんかでよく言われていますよね。

 

だから、良い結果を作りたいのなら、脳みそに前向きな言葉をインプットすることが大事なのです。

「元気に!」をインプットすると、

脳みそが私に「常に元気でいなさい」と命令し、元気でいようとします。

「絶対に目標を達成する!」をインプットすると、

脳みそはどうやったら達成できるかを必死考えようとします。

「みんな頑張っている!」をインプットすると、

脳みそは「みんなの頑張っているところ」を探します。

「どんな生徒にも必ず良いところがある!」とインプットしておくと、

面談時に、その子の良いところを探そうとします。

そういうものです。

 

逆に、「自分はできない奴だ!」をインプットしちゃうと、

脳みそがどんどん自分のできないところを探し出すんですよね。

怖い、怖い(笑)。

 

また、「あいつはダメだ!」をインプットしちゃうと、

脳みそがその人の粗探しをしちゃうし、

「目標達成は無理かもしれない!」をインプットしちゃうと、

脳みそは次から次へと無理な理由を探し出すのです。

言葉の力というか、刷り込みの力って、本当に凄いんですよね。

だから、常にプラスのメッセージを発信して、自分の脳みそ、他人の脳みそに、前向きな思考を刷り込むことが大切なのです。

 

騙されたと思って、毎日前向きな言葉から仕事をスタートさせてみてください。

「よし、今日も元気に前向きに頑張るぞー!」ってね。

それを継続してみてください。

きっと心が元気になりますから。

ついでに、業績も良くなるから(*^^*)。

 

ということで、

今日も一日元気に頑張りましょう!(笑)
 
 
オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑