個別指導塾地域No1 ブランディング日記

【7/30(金)】自分はまだまだだ。@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

自分はまだまだだ。

今日は私のことを書きます。

自分で言うのも何ですが、、、

私、結構、優秀なサラリーマンだったと思います。もちろん、昔の話。

また、割とイケてる管理職だったとも思います。これまた、昔の話(笑)。

教室運営、大得意。

複数教室のマネジメントも苦にならず。

社員育成にも自信がありました。

業績を上げることだって、目標を達成することだって得意でした。

これら、全部、昔のサラリーマン時代の話ですけどね(^-^;。

 

ただ、再三告白しているように、この業界に入って最初の4年間は本当にうだつの上がらないダメダメ社員だったわけです笑い泣き

で、そんな自分でも、諦めずに必死に頑張れば、何とかなって、自信を掴んでいったのです。

 

だから、、、

社長になっても、まあまあ優秀な社長になれると思っていました。

いや、最初は優秀じゃないかもしれないけど、サラリーマン時代と同じように頑張れば、優秀になれるはずだと信じていました。

 

ところがどっこい(笑)。

全然、優秀な社長になれないのですガーン

自分の理想の社長像があるのですが、頑張っても頑張っても、全くそうなれない…。

また、自分の中に理想の会社像というものもあるけども、なかなかそうならない…。

まあ、社長がショボかったら、そうなれるわけがないのです。

 

今、つくづく思います。

「社長」という仕事は今までのステージとは全く違って、何て難しいんだと。

もちろん、楽勝でやられている人もいるとは思いますけどね。

とにかく、私の場合は、まだまだです。

 

サラリーマン時代は、、、

会社としてのルールがあり、枠があり、看板だって、システムだってある中で、

しかも、最終責任を取らなくてもいい中で、

社員達の人生や生活に対する責任を持たなくてもいい中で、

単にちょっと優秀なサラリーマンとして、

たまたまちょっと上手くいった管理職として、

やっていたに過ぎないことに気づかされました。。。

謙遜でも何でもなく、自分は本当にまだまだ未熟な人間だと日々痛感させられます。

 

もしかして、側から見ると、うちの会社は上手くいっているように見えるでしょう。(ん?見えてない?🤣)

まあ、確かに見方によっては上手くいっているのかもしれません。

でも、自分の中では、まだまだダメ。全然ダメ。

何よりも、「社長」である自分が全然ダメ。悔しいけど、全くダメ。

 

ただ、、、

だからと言って、白旗を上げているわけではありませんよ。

むしろ、そう思えている自分には期待している部分もあるのです。

人間は「自分はできている」と思った時点で成長が止まります。

「自分はまだまだだ」と思っている限り、可能性があると思うのです。

違いますかね?

いや、きっとそうだ(笑)。

 

本日はこのへんで。

 

 
オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑