個別指導塾地域No1 ブランディング日記

自分の感情に正直に行動すると・・・。@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

自分の感情に正直に動くと、うまくいかない・・・

ことが多いのです。

今日はそんな話。

 

例えば、こんな場合。

Aさんはとある学習塾に勤務している教室長。

アルバイト講師たちにも慕われ、教室業績も順調でした。

そんな時、教室異動の辞令が!ガーンガーン

(自分の感情) 今の教室を離れるのは寂しいな・・・ショボーン

そんなAさんのために講師たちが送別会をしてくれるとのことです。

(自分の感情) 正直嬉しいラブ。どうせなら、派手に送り出してほしいなぁおねがい

そして、いよいよお別れの日。大送別会です。

花束、色紙、感謝の言葉、涙・涙・涙のオンパレード・・・。

送別会は大盛り上がりで終了しました。

これで、めでたし、めでたし・・・

とはならないわけですね(笑)。

 

それから数日後。

Aさんのもとに講師たちから電話がかかってきました。

「聞いてくださいよ、新しい教室長って最悪なんですよ。A先生、戻ってきてくださいよ。」

(自分の感情) 正直嬉しいラブ。やっぱり自分じゃなきゃダメなんじゃない?おねがい

さらに、講師たちは言います。

「せめて今度、教室に遊びに来てくださいよ。」

(自分の感情) 正直嬉しいラブ。よし、顔を出して元気づけてやろう。みんな喜ぶだろうなおねがい

そして、Aさんは古巣の教室に顔を出しに行きました。

「よっ、久しぶり!みんな元気にしてる?」

講師たちは大喜び。

「わー、A先生だ~!!!」

(自分の感情) 正直嬉しいラブ。みんな自分を慕ってくれていて、気分がいいぞおねがい

 

自分の感情に正直に行動したら、さしずめ、こんな感じになるのではないでしょうか。

でも・・・

この行動は何にプラスになるのでしょう?

単に自分の自尊心がくすぐられるだけですね。

こんなことされたら、後釜の教室長はやりにくいのです。

だから、自分の感情を優先するのではなく、

どうすれば後釜の教室長がやりやすくなるのか、

どうすればこの教室が良くなるのか、

そういう観点で行動するのが正解です。

となると、やるべきことは、、、

講師達には早く自分のことは忘れてもらって、新しい教室長と仲良くやってもらうための行動を取ること。

いつまでも未練がましく、前の教室に顔を出していたら、講師達もこの教室も新しい教室長のもとで再出発できません。

 

ということで、自分の感情通りに動かない方がいいことって結構あるんですよね。

ん?これを読まれている皆さん、自分の感情を最優先で動いていませんよね?(笑)

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑