個別指導塾地域No1 ブランディング日記

やるか、やらないかで大きく差がつく@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

昨日のブログの最後に書いたように、

仕事は、「やる」か「やらない」かで大きな差がつくわけです。

今日はそんな当たり前の話を少々。

 

塾の先生というのは、勉強熱心な人が多く、セミナーや勉強会に積極的に参加する人も一杯いますよね?

で、「なるほど、そうなのか!」とか「こりゃあ、いい話を聞いたぞ!」となるわけですおねがい

 

ただ、そこからが問題ニヤリ

実際、即行動に移す人と、そうでない人に分かれますよね?

動かない人は、何故なんだろう???

いい話を聞いたのなら、すぐに動けばいいのにね口笛

 

結局、仕事っていうのは、やるか、やらないかで、確実に成果として差がつくのです。

つまり、何らかの成果を上げようと思えば、行動しなければなりません。

「棚からぼた餅」を期待していても、そんなうまい話はなかなかないわけで爆  笑

もちろん、行動したからといって、必ずしも結果が出るわけではないですよ。

でも、結果が出なかったとしても、それはそれで、学ぶべきことは必ずあるはずです。

 

一方、行動をしない人はというと、失敗もなければ成功もないということです。

そこから得られることは何もありません。

つまり、成長しないということを意味します。

要は、小さなことの「やる」か「やらない」の積み重ねで、人生も仕事も大きく変わるのです。

 

まあ、それにしても、やらない人っていうのは、とにかく「やれない理由」を雄弁に語りますよね。

そんなものを語っていても、誰にとっても、何のメリットもないわけで。

時間の無駄ですよね。

仕事ができる人間になりたいのなら、「やれないかもしれないもの」をどうすればやれるようになるのか、それを考えることに時間を費やした方がいいのです。

そう、世の中、そういう人が成功するようになっているのです。

 

さあ、やるか、やらないか!

それを決めるのは、あなただ!

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑