個別指導塾地域No1 ブランディング日記

100発99中のノウハウ@オーラのないマッチメーカー岡田有司

個別指導塾 個別指導ノウハウ 学習塾経営 学習塾コンサル WiShip

今日は私の数少ない自慢話の1つ。

えっ、聞きたくないって?

そんなこと言わずに、少しだけお付き合いください 😊。

 

さて、皆さんの塾にも社員の先生、アルバイト講師の先生がいますよね?

そして、いろいろお願いしなければならないことってありますよね?

実は人にお願いすることって、結構苦手な人が多いんですよ。

こんな大変なことをお願いしたら可哀想…。

お願いして、断られたら嫌だなぁ…。

忙しいかもしれないし、お願いしずらいなぁ…。

というように、なかなかお願いできないようで、やはり、お願いするより自分でやった方が気が楽なようです。

でも、そんなことしてたら、地域ダントツNo.1個別指導塾なんて作れません(>_<)。

それどころか、良い教室にすらなりません。

たかが自分一人の力なんてしれているわけで、個別指導塾の運営はいろいろな人の力を結集した総合力が命です。

 

そこで、私の数少ない自慢の必殺技を教えちゃいましょう。

それは、「お願いの仕方」です。

今まで100発100中には一歩足りませんでしたが、100発99中の実力のノウハウです。

では、お願いの仕方のノウハウです。

 

私「A先生、一生のお願いがあるんやけど、聞いてくれる?」(ニッコリ笑う)

※ここでのポイントは3つ。

1.絶対に用件は言わない。

2.「一生のお願い」というベタな表現を使う。

3.満面の笑顔を提供する。

 

A先生「お願いって何ですか~?」

私「聞いてくれる?とにかく、まずウンって言って!お願いやから。」(かなり困った顔で)

※ここでのポイントは2つ。

1.まずウンを求める。

2.最高の困った顔を提供する。

 

A先生「え~、どうしようかなぁ~。」

私「ほんまお願い、一生のお願い、まじで頼むわ~。」

※ここでのポイントは1つだけ。

1.お願い三段活用で頼みまくる。

 

A先生「も~しょうがないなぁ…」

私「ありがとう!」(ホッとした最高の笑顔)「実は頼みたいことっていうのはね…。」

※ここでのポイントは1つ。

1.とにかく感謝です。

これで、100人中99人は気持ち良く手伝ってくれました(#^^#)。

 

たいていの人は頼まれれば頼まれるほど、意気に感じて頑張るようになります。

そして、頼む側も頼めば頼むほど皆が協力してくれるから楽しくなります。

まあ、人間なんていうのは、そういうものなんですね。

お願いするのが苦手な人は是非試してみてください。(でも、ニッコリ笑顔と困った顔はしっかり練習しておいてくださいね。)

あっ、ちなみに…

私の100発100中を阻止した人物は、何を隠そう学生講師時代の弊社•武田です。

やっぱり300名教室にしただけあって、昔から大物です…。

 

オーラのないマッチメーカーこと、株式会社WiShipの岡田でした爆笑